嵐の大野智さんが創作活動の集大成として、「FREESTYLE 2020大野智 作品展」を開催されます。

大野さんの作品展だけでなく、話題になっているのが「智のカレーパン」!

大野さんのオリジナルレシピのカレーを使ったカレーパン、食べてみたいですよね!

今回は【智のカレーパンの抽選チケットの申し込み方法】を詳しく調査しましたので、お伝えします。

スポンサーリンク

智のカレーパンのチケットの申し込み方法は?

カレーパンを手に入れるには、まずチケットぴあで申し込み、抽選でチケットを勝ち取らなければなりません!

注意点は抽選チケットは3種類ありますが、カレーパンをゲットできるチケットは2種類です!

まずチケットの申込期間を確認しておきましょう。

申込期間:

第一期:7月30日(木)12:00~8月6日(木)23:59 当選発表は8月17日(月)18:00

第二期:8月27日(木)12:00~9月3日(木)23:59  当選発表は9月15日(火)18:00

 

大野さんの作品展の開催期間はこちらです。

第一期 9月9日(水)~10月4日(日)10:00~22:00

第二期 10月5日(月)~11月8日9:00~22:00

作品展でのチケットには作品展のみとカレーパン付き入館券があります

お間違えのないよう申し込みましょう。

・作品展のチケットについて

FREESTYLE2020大野智 作品展

入館料:

①FS展入館券 2,800円(税込) こちらは入館券のみでカレーパンなしです

②「智のカレーパン」付きFS展入館券 3,600円(税込)

 

受付開始日時:7月30日(木)12:00~

応募可能人数:最大2名

販売場所:チケットぴあ「FREESTYLE 2020」展

 

申込期間:

第一期:7月30日(木)12:00~8月6日(木)23:59 当選発表は8月17日(月)18:00

第二期:8月27日(木)12:00~9月3日(木)23:59 当選発表は9月15日(火)18:00

発行:セブンイレブン

 

②「智のカレーパン」付きFS展入館券 3,600円(税込)についてくる特典はこちら。

 

 

「智のカレーパン」には

  • 大野さんのオリジナルカレーのレシピカード
  • オリジナル紙袋

がセットになっています。

「智のカレーパン」について大野さんはこうコメント。

最初は甘くて、最後は辛いかもよ。召し上がれ~‼

もうはやく食べたいですね!まずは抽選に当たらなくては!

・カフェのチケットについて

「Cafe THE SUN」(六本木ヒルズ森タワー52階)が「智のカレーパン屋さん」になって

オープンします。

FREESTYLE2020×hills café/space

入場料:③大野さん作品展示と「智のカレーパン」「テイクアウトの智のジュース付

入場券」1,900円(税込)

受付開始日時:7月30日(木)12:00~

応募可能人数:最大2名

販売場所:チケットぴあ

申込期間:7月30日(木)12:00~8月6日(木)23:59 当選発表は8月19日(水) 18:00

期間:9月9日(水)~10月4日(日)11:00~22:00

場所:hills café /space(六本木ヒルズ ヒルサイド2階)

引き渡しチケット:抽選、日時指定予約

ぴあにて抽選

 

オリジナルレシピのカレーパンだけでなく、智のジュースが付いてきます!

この青いジュースの正体は、なんとパイナップルジュース。

青色なのは大野さんの説明に

「パイナップルジュース、大好き。イメージカラーの青にしてみましたぁ!」

とあります。

「智のジュース」にはオリジナルデザインのストロータグとスリーブが付いています。

スポンサーリンク

ぴあで申し込みが可能!

大野さんの作品展のチケットはチケットぴあで申し込みが可能です!

チケットの申し込みリンクはこちらから。

(第一期チケット販売用のリンクです)

http://w.pia.jp/v/freestyle20-1/

申し込みは 7月30日(木) 12:00 ~ 8月6日(木) 23:59までとなっています。

 

「FREESTYLE2020×hills café/space」

「智のカレーパンと智のジュース付き入場券」1,900円(税込)

http://w.pia.jp/v/freestyle20-cafe/

申し込みは 7月30日(木) 12:00 ~となっています。

 

大野さんの作品展は爆発的な人気があり、2015年ではチケットが約2時間ほどで売り切れてしまったといいます。

コロナの影響もあり、地方からの人の流れはいつもよりは少ないかと思いますが、チケットの申し込み初日を狙っていきたいところですね。

スポンサーリンク