三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」。

2020年のふたご座流星群が見れるのは、2020年12月14日~15日です。

名古屋でふたご座流星群を見れる、方角や時間が気になりますよね。

ふたご座流星群について詳しく調査しましたので、お届けしますね!

スポンサーリンク

ふたご座流星群はどんな流星群?

 

ふたご座流星群

出典元:Twitter

ふたご座流星群の画像、とても美しいですね!

ふたご座流星群は1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群と並んで三大流星群と呼ばれています。

毎年ほぼ一定に、多くの流星を見ることができる流星群として知られています。

多い時には、1時間に100個見れる場合もあるといわれています。

2020年のふたご座流星群は、12月14日~15日に見れるので是非見たいところですよね!

2020年のふたご座流星群の名古屋の方角は、どうなっているのでしょう?

スポンサーリンク

2020年12月14~15日のふたご座流星群を見れる名古屋の方角は?

2020年12月14日~15日、ふたご座流星群はどの方角でも構いません。

市街地の明かりがない方を見て、星空全体を広い範囲で観察しましょう。

こちらはふたご座流星群の放射点の位置です。

ふたご座流星群

               出典元:国立天文台NAOJ

ふたご座流星群の流星は、放射点の方向に現れるのではなく、空全体に現れるとのこと。

12月14日の夜は、1時間あたり最大20個を超える流星が現れるといわれています。

つづいて、名古屋でふたご座流星群を見れる時間を見ていきましょう。

2020年12月14~15日ふたご座流星群を見れる名古屋の時間は?

2020年12月14日~15日、ふたご座流星群の見れる名古屋のピーク時間は、

  • ピーク時間(極大):日本時間で12月14日 10時ごろ

  • 見ごろとなる時間は:12月14日・日没後 ~ 15日・日の出

 

ピーク(極大)の時間は午前10時ごろと見て、がっかりされた方も安心してください。

見ごろの時間は14日~15日未明となっています。

2020年は月明りも気にならずに見れるようなので、注目してみましょう。

寒さ対策もそうですが、2020年は新型コロナ対策も必要です。

対策を取りながら、楽しいふたご座流星群の観測をしたいですね。

まとめ

今回は、2020年12月14日~15日のふたご座流星群について詳しく調査しました。

 

ふたご座流星群の見れる名古屋の方角はどこでも構わないこと。

ふたご座流星群の見れる名古屋の時間は

  • ピーク時間(極大):日本時間で12月14日 10時ごろ

  • 見ごろとなる時間は:12月14日・日没後 ~ 15日・日の出

ということが分かりました。

 

私も双子座なので、ふたご座流星群には親近感があります。

当日は寒さやコロナ対策に気をつけて、素敵な夜空の中で、ふたご座流星群を楽しみたいですね。

スポンサーリンク