2019年大晦日。

現在保釈中の【日産自動車前会長】カルロス・ゴーン被告が

海外逃亡したというニュースが入り、世間をざわつかせています!

 

カルロスゴーン被告の現在地はどこなの?

パスポートなしで海外に無断出国できた理由についても詳しく調べました!

スポンサーリンク

 

カルロス・ゴーン被告の現在地はレバノン!

カルロス・ゴーン被告の現在地はレバノンの首都ベイルートです。

スポンサーリンク

カルロス・ゴーン被告の現在地「レバノン」はどこなのでしょう?

 

レバノンは中東に位置する共和国家。

シリアとイスラエルに隣接する国で地中海に面しています。

カルロスゴーンの現在地がレバノンの理由は?

カルロスゴーン被告の現在地がレバノンの理由は2つあります。

  1. レバノンはカルロスゴーンの故郷
  2. レバノンと日本は犯罪者の引き渡し条約を結んでいない

理由①レバノンはカルロスゴーンの故郷

一つ目にレバノンはカルロスゴーン被告の故郷であることが挙げられます。

カルロスゴーンは元々はブラジル出身。

ですが、ブラジル・フランス以外にレバノンの3つの国籍を持っています。

そして、レバノンはゴーン被告の両親や祖父の出身地で国籍もあり、
カルロスゴーンはレバノンで幼少期を過ごしていたのです。

レバノンはカルロスゴーンにとって、家族との思い出が詰まった故郷なんですね。

理由②レバノンと日本は犯罪者の引き渡し条約を結んでいない

二つ目に、レバノンと日本は犯罪者の引き渡し条約を結んでいないことが挙げられます。

 

国際法上では原則として、自国民は引き渡さないとしてあるので、
カルロスゴーン被告がレバノンにいる限り、日本に連れ戻すことは無理でしょうね。

 

これらの理由から、カルロスゴーン被告はレバノンを現在地に選んだと考えられます。

パスポートなしで無断出国できた理由とは?

カルロス・ゴーン被告がパスポートなしで無断出国できた理由はなぜでしょう?

そもそもカルロス・ゴーン被告には厳しい保釈条件があり、出国できる状況ではありませんでした。

 

理由①レバノンなどの政府関係者が手助けした

 

「ゴーンさんには様々な友人がいます。。
レバノンでは大統領にと声が上がるほどの人物です。おそらく
レバノンなどの政府の外交特権を駆使して出国させたのではないでしょうか。
パスポートを偽造するなど、法を犯すことはあり得ない。
なぜなら、ゴーンさんは『私が悪い、悪くないではない。
日本の司法制度民主主義と対決だ』とも言っていました。
戦いのためにあえて、日本脱出を選んだのでしょう」

引用元:ゴーン被告の在日フランス人の友人らが明かすレバノンへの”逃亡劇”の全真相<週刊朝日>

 

カルロスゴーン被告の顔は一度見たら忘れられません。

普通の出国の手続きでは、ばれる可能性は高い。

出国にはレバノンなどの政府関係者の手助けがあったと考えられます。

理由②コントラバスの楽器ケースに入っていた

ツイッターで新しい情報が入ってきました。

 

 

なーんと!!!

カルロス・ゴーン被告は楽器をケースに入り出国したのです。

 

ちなみに楽器はコントラバス!

 

コントラバスの楽器ケースは棺みたいな感じ。

なので、カルロス・ゴーン被告が入ることは可能でしょう。

都内の住まいからコントラバスの楽器ケースで運ばれたかもしれませんね。

スポンサーリンク